« 2013年8月 | トップページ

ユニフレーム(UNIFLAME)ちびパンの革カバー

ユニフレーム(UNIFLAME)のちびパン。
作ってそのままお皿としても使えるすぐれものです。

Main_image

↑画像メーカーHPより拝借


でも、うちの子供たちはまだ小さい(2歳+5歳)ので、
食べる時に持つと、絶対やけどしそうでsweat01sweat01

カバーがないかなぁ・・・ネットで色々と探してみると、
お手製の革カバーが販売されていたり、
100均ではライターのカバーが取っ手カバーにぴったり。との情報をGet!
でもうちの近所の100均にはありませんでしたsad

 

その事を、靴職人の友人に話すると…

「余りの革で出来るかも。」とのこと!

わ~い paperhappy01paper

先日友人と一緒に、ちびぱんを持って友人の工房を訪れました。

空き時間に作ってもらうつもりが、
私と友人が実際に作ってみることにflairsmile

①まず、サイズを測って革を切ります。手に持つことを考えて、布はちょっと厚めの2重に。

②次に、縫う場所に穴をあけます。

20130711_151054 


↑靴職人の友人。さすが、慣れた手つきでトン!トン!と・・・。

③縫う前に、革にアルファベットの刻印。

20130711_141733


↑刻印をするわたし。これが結構難しいーsweat01 力が要りますsweat01 苦手~wobbly

④最後に好みの糸の色を選んで、穴のとおりに波縫い。
革も布と同じようなお裁縫の気分です。

縫いながら、手作りの靴の話も色々と聞かせてもらいました。
完成までに工程がいくつもいくつもあって、
それを手作業で一人で作り上げる彼女。
ほんとにスゴイ!

小松尾靴工房さん。
1人1人の足の形にあったオーダーメイドの靴の製作・販売をされています。
とっても人気で、ただ今1年待ちfoot (ちなみに、私も注文中~)

履き心地のいい靴を求められてらっしゃる方、ぜひどうぞ。



そうこうしているうちに、ちびぱんのカバーが完成!!!イェイ!


今日は思いがけず革のワークショップを体験できました。

同級生同士、懐かしのトークにも花が咲き。楽しい時間ありがとう。

ちびぱん、使うのが楽しみだわ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2013年8月 | トップページ