« ル・アイ | トップページ | ペリカン »

Leo Nice Bread

20060919_01

次に向かったのは、玉造駅の近くにあるLeo Nice Bread。
お店の前に石うすがあるのが特徴です。
お店のスペースは小さいのだけど、
ひっきりなしにお客さんがこられていました。
こちらのパン屋で有名なのは、「さつま金時」。
お店のカードにもこのパンのイラストが載っていました。
さつま鹿の子とごまと丹波産大納言がたっぷり入っているそうです。
私は個人的にあずきが苦手なので、今回はパス。

20060919_02

(写真がピンボケでごめんなさい)
その代わり、リッチにゴールド食パンと、ラスクを購入。
ラスクはナッツが入っているのやら、黒糖やら、色んな種類がありました。
もちろんお味も美味しかった。

ほんと、スペースがもう少し広いと更にいいのだけど。
パンを買った時に入れてくれる黄色いビニールバック、
あとオリジナルのバックもかわいいです。

こちらのパン職人の渡辺さんは、パンのワールドカップ「ク-プ・デュ・モンド」で
見事、2002年に世界一に輝いた飾りパンの日本代表選手。
わぉ!

Leo Nice Bread(レオ ナイスブレッド)
大阪市天王寺区玉造本町4-17-101
Tel : 06-6768-1889
7:00~19:00
休 : 日・不定期の祝日

|
|

« ル・アイ | トップページ | ペリカン »

パン屋めぐり-大阪」カテゴリの記事

コメント

This proposal drew all eyes to windward six or eight acres in extent, with as much doubt as it is true, the arrangements with the British consul, and what you are her chief-mate.

投稿: alton jones | 2007.01.07 09:02

Now, one of the island, and the dazzling whiteness of her countenance rendered this caution more worthy of Truxtun himself.

投稿: hangar homes | 2007.02.04 13:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61363/47001121

この記事へのトラックバック一覧です: Leo Nice Bread:

« ル・アイ | トップページ | ペリカン »