« 2006年4月 | トップページ | 2006年10月 »

ペリカン

20060919_03

先日東京に行ってきました。
浅草に行く予定だったので、その周辺で美味しいパン屋さんに
行こうということで、見つけたのが、ここ。「ペリカン」
なんだかレトロな看板がそそるでしょー。浅草の老舗だそうです。

20060919_04

実はここ、サイズ違いの食パンとロールパンしか作っておられないんだって。
中をのぞくと、棚に食パンがびっしりとならべられていました。
普通のショップと違って、イメージはクリーニング屋のカウンターような感じ。
(こんな表現でごめんなさい)
注文したら、横・後ろの棚からパンをとってくれるんです。

「えーっと、どのサイズにしよう??」
私があたふたしている間にも、後ろからどんどんお客さんがやってきて、
「食パン2斤分おねがい」とか、
「いつもの、アレないの?」という会話。
みなさん、ご近所で馴染みの方のご様子。

20060919_05

私は1斤サイズ(260円)を2本買いました。
懐かしい毎日食べ続けれる味。
後でもっと大きいサイズを買えばよかったかなーと少し後悔しました。
パッケージの袋も、なんとなくかわいい感じ。

パンのペリカン
東京都台東区寿4-7-4
Tel : 03-3841-4686
8:00~18:00
休 :日・祝

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

Leo Nice Bread

20060919_01

次に向かったのは、玉造駅の近くにあるLeo Nice Bread。
お店の前に石うすがあるのが特徴です。
お店のスペースは小さいのだけど、
ひっきりなしにお客さんがこられていました。
こちらのパン屋で有名なのは、「さつま金時」。
お店のカードにもこのパンのイラストが載っていました。
さつま鹿の子とごまと丹波産大納言がたっぷり入っているそうです。
私は個人的にあずきが苦手なので、今回はパス。

20060919_02

(写真がピンボケでごめんなさい)
その代わり、リッチにゴールド食パンと、ラスクを購入。
ラスクはナッツが入っているのやら、黒糖やら、色んな種類がありました。
もちろんお味も美味しかった。

ほんと、スペースがもう少し広いと更にいいのだけど。
パンを買った時に入れてくれる黄色いビニールバック、
あとオリジナルのバックもかわいいです。

こちらのパン職人の渡辺さんは、パンのワールドカップ「ク-プ・デュ・モンド」で
見事、2002年に世界一に輝いた飾りパンの日本代表選手。
わぉ!

Leo Nice Bread(レオ ナイスブレッド)
大阪市天王寺区玉造本町4-17-101
Tel : 06-6768-1889
7:00~19:00
休 : 日・不定期の祝日

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

ル・アイ

20060918_01

IENAからもう少し北に上がったところにあるLE AI(ル・アイ)。
心斎橋にある本店のケーキが有名ですが、
こちらの谷町店もパンとケーキが美味しいとの事で、行ってきました。

中に入ると、私の好きなハード系から、甘いパンまで。
店員さんの対応も雰囲気も良かったです。
2階はティールームだそう。

LE AI(ル・アイ)
大阪市中央区谷町6-2-27
Tel : 06-6191-0551
9:00~21:00
休 : 水

| | コメント (3) | トラックバック (0)
|

パンのかんづめ

先日東京へ行った時に、いいものを見つけました。それが、これ!

20060918_04

JR東海日本でおなじみのICカードSuica(スイカ)ペンギンの「パンのカンヅメ」です。
ガイドブックに載っていて、東京に行った時には絶対買おうと思ってたもの。
ちなみにJR構内のキオスクで売っています。390円。

20060918_02

缶には透明のプラスティックのふたがついていて、
シール(白い部分)をはがすと、なんと貯金箱としても使えるスグレモノ。
食べた後も、かわいい缶を有効利用できるという訳です。
JR東日本さん、なかなかやるわねー。
そして、かわいいペンギンの缶バッチもついてます。
ペンギンの表情も何種類かあって、とてもかわいい。

20060918_03

さっそく缶をあけてパンを出してみると、こんな感じでした。
味は青りんごということだけど、ほんのり甘くやさしいお味。
缶特有?のちょっと酸味のある発酵のにおいがしたけれど、
焼いてみると、サクっとしたデニッシュっぽくなって、
美味しくいただけました。

これはお土産にも、非常用としてもいいかも。
非常時は気分が下がる↓けど、
こんなかわいいパンの缶なら勇気づけられそう。

ブログランキング

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

ブーランジェリー イエナ

20060917_03

来ました、谷町界隈。
こちらも多くのパン屋が乱立する、ベーカリー激戦区なのです。

その中でもひときわおしゃれなパン屋といえば、ブーランジェリー イエナ(IENA)。
私は始めていったのだけれど、友人から、
「セレクトショップやおしゃれ雑貨屋さんのような外観やよー」
と聞いていたので、
「あの、服のイエナと同系列??」と聞いた程。
(ちなみに服のイエナとは関係ありません)
な~るほど、行ってみて友人がゆってた言葉に納得です。

全体的に焼き色濃い目。
バゲットやバタール、ハード系のバラエティに関しては長時間発酵で
作られているそうな。
クロワッサンもとても美味しそうでした。
数多くの種類のパンが所狭しと並んでいる。
もう少しお店が広かったら、言うことないのにー。
なーんて贅沢な要望ですね。

Boulangerie IENA(ブーランジェリー イエナ)
大阪市中央区谷町七丁目1ー39新谷町第2ビル119号
Tel : 06-4304-1215
8:00~19:00
休 : 日・祝

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

ブーランジュリー ルフィアージュ

20060917_01

PAULからもう少し大阪城公園方向に進んで、中之島側へ行ったところに
あるのが、ブーランジュリー ルフィアージュ。
2006年2月OPENのまだまだ新しいパン屋。
どんなだろう?

こちらのお店も赤いひさしがとってもかわいい。
中へ入ると、数多くのパンが豊富にならんでいる。
外人さんも買いにきておられました。

20060917_02

左 : キュルビスコーンブロート 180円
右 : オニオン 180円

オニオンは焼きたてだったので、オニオン独特のあま~い、
いい香りが店内にただよっていました。
キュルビスはかぼちゃの種。
見た目がとってもキュートなのです。

どれもそれなりなボリュームで、見た目もかわいい。
そして味もGoodなのに、値段はお手ごろ。
近かったら絶対日々通うであろうパン屋さんです。

ブーランジュリー ルフィアージュ
大阪市中央区内平野町2-2-4 コスミックビル1F
Tel : 06-6910-6162
8:00~19:00
休 : 日、祝、第1・3・5月曜

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

PAUL(ポール)

20060916_03

アッシュのすぐ近くにあるPAUL(ポール)へ。
ここはフランス・パリの香りただよう、とっても私好みのパン屋さんでした。

パンはハード系大型パンを中心に、
カンパーニュやセイグル・オ・レザン・ノアなど、種類も豊富。
デニッシュ系のパンは、ショーケースに並べられていて、
店員さんにとってもらう対面式。
クロワッサンがサクサクでほんとに美味しい。

チェーン展開でこの美味しさをkeepされているとは、脱帽です。
イートインコーナー、レストランもあるそうなので、
今度はお店でたべてみたいな。

PAUL(ポール)
大阪市中央区本町2-3-14船場旭ビル
Tel : 06-6263-0212
10:00~22:00(土日10:00~20:00)
※全国16店舗展開です(2006.6月現在)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

Four de h(フール・ドゥ・アッシュ)

20060916_01

本町のビジネス街にあるFour de h(フール・ドゥ・アッシュ)に行ってきました。
丸紅本社のまん前にある、美味しいともっぱら評判のお店です。
表の赤いテントがとってもおしゃれ。

中に入ると、厨房がフルオープン。
パンをとるトレーがプラスチックで出来ている、これまたとってもおしゃれなもの。
はぁービジネス街のおしゃれなパン屋はこういう所にもこだわっているのね。

20060916_02

買ったのは一番人気であるライ麦80%のパン(280円)と、ヴィエノワ(150円)。
ヴィエノワは横に入ったクープが特徴で、ほんのりやさしい甘さ。
ライ麦のパンは、私にはすっぱくてちょっと苦手でした。

アッシュは贈答用にも使えるスタイリッシュな焼き菓子も豊富。
材料にこだわっているせい?か値段はお高めでした。

Four de h(フール・ドゥ・アッシュ)
大阪市中央区本町2-6-5
Tel : 06-6243-1330
10:00~20:00(土曜~18:00)
休 : 日・祝

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

フロマージュ・フレ

9月3日(日)に六甲にある弓削(ゆげ)牧場に行ってきました。
ここは神戸市街から車で約20分、裏六甲にあるチーズ作りを主体とする牧場です。
神戸といえば、六甲山牧場がメジャーだけど、友人から、「弓削牧場にぜひ行ってみて~」といわれたので、

今回初めてドライブで行ってみました。

阪神高速北神戸線で有馬方向へ。箕谷で下車し、住宅街を抜けると、いきなり牧場!
たて看板に「ここは観光牧場ではありませんので、ご注意ください」との表示が・・・。
あぁ、チーズ製造・販売、レストランが主体ってことなのねー。

10時位に着くと私達以外にお客さんは誰もいない様子。
よく調べてみると11時~OPENでした。
お店の方にチーズが買えるか聞くと、「大丈夫ですよ♪」
との事だったので、喜んでお店の中へ。

060905yuge2

オリーブオイル、ジャム類、そして右側にはホエイ(乳清)ソープ。
牛のおちちで保湿力があるそうです。

060905yuge3

冷蔵庫の中に見えるのは牛乳とフロマージュ・フレ(生チーズ)。

060905yuge1_1

実はこのフロマージュフレ、お取り寄せの本なんかにも登場しちゃう位話題の商品なのです!
どんな味だろー。

ほんとならチーズフルコースのランチを食べるはずだったけど、
まだレストランがOPENしていないため、今回はお土産を買っただけで、
ランチは次回におあずけ。
お土産にはこのチーズと、ホエイ石鹸を買いました。

お店も牧場もとってもおしゃれ。
六甲に来られた時には、ぜひどうぞ~


弓削牧場
神戸市北区山田町下谷上西丸山5-2
Tel : 078-581-3220
http://yugefarm.com

ブログランキング

| | コメント (0)
|

パンデュース

※話は前回からの続きとなっています。

タカギを後にして、また次のパン屋を目指します。
この辺りはちょっと行ったら、お洒落なパン屋がいっぱいある、パン屋の宝庫。

タカギからまた靱公園の辺りまで南へ下ってきて、阪神高速の下をくぐる。
御堂筋のちょっと西側の会社とか、公園とかある辺りを、この辺りかな~と、
徐行でチャリをこぎつつ、きょろきょろしていると、パンデュースを発見しました。

20060823_01

このお店は、三宮のパン屋ブランジェリーコム・シノワのシェフ、西川功晃氏プロデュースのパン屋だそうな。
コムシノアといえば、デニッシュにフルーツいっぱいのパンや野菜たっぷりのピザ、
フランスパン系も充実の有名パン屋さん。
コムシノアは私の住む兵庫ということがあって、行く機会は多いんだけど、
このパンデュースはどんな感じだろう?
どきどきしながら中へ。

まず、入口には実際のパンを乾燥させて作ったミニチュアパンのオブジェが窓辺に飾ってあって、とってもかわいい。
ほのぼの~とした雰囲気。
棚の上には小さくて飾り付けとか手がこんだパン達がたくさん。
この作業、ほんと大変だろうな。
お総菜系やスイーツのパンは、フルーツや野菜がたっぷりのパンが中心。
ラスクも美味しそう。

ほうれんそうがのったパン、フランスパンを購入して、後で公園で食べてみました。
味はすこし濃いめだけど、とっても美味しい~
ただ一つ。
パンを包んでくれるのが、おしゃれな油紙(?)なんだけど、ちょっとお総菜系のパンには向きません。
油がしみてべちゃべちゃになってしまう所が難点!
フランスパンがとっても美味しかったので、ラスクも買えば良かったと後悔しました。

PAINDUCE(パンデュース)
大阪市中央区淡路町4-3-1 FOBOSビル1F
Tel : 06-6205-7720
8:00~19:00(平日) 8:00~18:00(土)
休 : 日

| | コメント (0)
|

ブランジュリ タカギ

1,2件目のパン屋でパンを買って、靱公園で食べようと思っていたのに、
タケウチでは、パンが品薄だった為買えなかった。
おなかがぐーぐー。おなかすいたっ!!
だって朝ごはんを少なめにしてきたんやもん。
「タカギは結構いっぱいあると思うよ」との友人の声で、
ひとまず3件目のタカギに期待して、出発することにしました。

タケウチから東へ向かって進み、四つ橋筋を渡ったら北へ。
阪神高速の近くに、赤い日よけがお洒落なお店、ブランジュリ タカギを発見。

20060731_01

中に入ると、正面の台にはフルーツいっぱいのデニッシュがずらり。
チーズを使った惣菜系のパン、甘い系のパンもずらり。
おー種類多い!
奥のカウンターでは、カスクートを作ってくれていました。
どれにするかさんざん悩んだ挙句、厳選の3個をチョイス。
少ないけど、これからまだまだパン屋回らないといけないので、控えめに。

20060731_02

(写真左)スパイシーフランス ¥200 (写真右)シベリヤパン ¥100

スパイシーパンは黒コショウが効いてて、ブロックチーズとベーコンが入っています。
クセになる味~。
もう一個のシベリヤパン。
前にいたお客さんが4個も買ってたので、「そんなに美味しいの?!」と思って、買ってみた。
ボリューム大。でこの値段はお得。味は甘くて、カステラっぽくて、しっとりしてて。
コーヒーや紅茶にベストマッチ。

ここのお店も厨房がオープンになってて、作業台が見えます。
ちょうどタカギさん?と思われる方が従業員の方に熱く指導しておられました。
「その持ち方、違うやろう!」
パン職人への道は厳しいのです。

チーズやラスクも美味しそうでした。
この店は、かなり私好み★

ブランジュリ タカギ
大阪市西区江戸堀1-5-1
Tel : 06-4803-0008
8:00~19:30
休 : 日・祝

| | コメント (0)
|

ブランジュリ タケウチ

さてさて、パン屋めぐり2軒目は言わずと知れた有名店「ブランジュリ タケウチ」

夕陽ケ丘の「麦の花」を後にして、チャリンコで一気に靱公園(うつぼこうえん)を目指します。
谷町筋から道頓堀を抜け、なんばHatchの横を通って四つ橋筋へ。
大阪って以外と坂道が多く、チャリンチャリン~どきなーっ!!
って感じで(そこまでガラ悪くないけどさ)10~15分くらいで到着。
地下鉄の駅にしたら、6個分。
自転車ってなんて便利な乗り物なんでしょ~~♪
パン屋めぐりにはもってこいです。
私は友人の会社のチャリを借りたけど、商店街でレンタサイクルをやっている所もあるので、
パン屋巡りを何軒もされる方には、お勧めです。

ブランジュリ タケウチは、もしかして大阪で一番有名?!というほど、
雑誌によく掲載されている、美味しいパン屋さん。
でも私は今回が初めてだったので、かなりドキドキ。

20060723_01

お店の前に付くと、あれ!警備員さんが立っている・・・。
おー有名店はさすがにすごいな。
自転車をお店の前に行儀よく止めて、店の中へ。

いらっしゃいませーという声とともに店の中を見回す。
正面にパンの台。
右側は一般的なパン屋とは違い、中(作業場)がフルオープン!
丸見えなのだ!すごい。
パン作りを趣味とするものにとっちゃぁ、これはうれしいよねぇ。
だってお店の中見るチャンスなんて滅多にないんやもん。

で、パンは・・・、というと、
あれ、パンがない。
ほんとうに何個かしかない。
友人曰く「前もあんまり無かったけど、今日も前よりも無いねぇ・・」
時間10:00。早くもパンはほぼ売り切れてしまっていたのです。
ショーック!人気店はこんな状態なの?!
店員さんに聞いてみると、
「まもなくバタールが焼き上がります。ご注文お伺いしておきましょうか?」
とのこと。これも無くなってしまうと困るので、すぐに注文。

待っている間に中をみると、みんな、ほーんとうに忙しそう。
焼き上がる端から売れてゆくんだろうな。

タケウチでは、バタールのみをGetして、店を後にしました。
なんだか、パンのレポートにはならなかった今日のブログ。
でも、行かれる方。早めを強くお勧めします。
8:00~開店なので。

ブランジェリ タケウチ
大阪市西区靱本町1-16-14
Tel : 06-6444-2118
8:00~18:30(売切れ次第)
休 : 日

| | コメント (0)
|

パン工房麦の花

前回の11件パン屋めぐり。たくさん反響をいただきました。
ということで、今回から巡ったパン屋を1件ずつレポートしてゆきます。

まず、パン屋めぐりスタート地点として待ち合わせたのは、
大阪地下鉄谷町線の四天王寺夕陽ケ丘駅。
こちらの駅の2番出口を出てすぐの所にあるのが、「パン工房麦の花」です。

20060702_01

まず、待ち合わせの2番出口に向かう地下鉄の階段を上がっている途中から、
なにやらいいにおい。
そうなんです。地下鉄の階段にまでパンの焼きたての香りが漂っているとは。
なんという誘惑!
そしてここ四天王寺は学校が多いせいか、学生さんの姿を多く見かけました。
お店の前で記念撮影。見た目は普通の街のパン屋さんだけど・・・。
中に入ると、店の棚にいっぱい並んだパン。ヨーグルトやチーズなんかもあるみたい。
パンは種類が多い。
ここのお店のレポートは、一緒にパン屋めぐりに行った友人にお願いしました。
だって、彼女(以下、ペリーヌと呼ぶ)はここのお店の行きつけなので ^^

★ペリーヌ談

お店のディスプレイとパンの種類はスタンダードではあるけれど、
フランスパンなどのハード系からデニッシュ、菓子パン、サンドイッチ・・・と
「おなかを満たしてくれるパン」から「じっくり味わいたいパン」までいつも充実しています。
特に天然酵母のハードパンはお勧め。
中でも、いちじくを使った「いちじくスティック」は大好き。
そして私の一押しは「みそかつサンド」!
みそかつは、名古屋だけのものではないのだ~と思わせる一品なんです。
ぜひ天王寺夕陽ケ丘にて味わってください。

麦の花はここ夕陽丘店以外にも4店舗。
四天王寺のお寺と焼きたての香り。麦の花は夕陽丘の町並みにあっていました。

パン工房麦の花 (夕陽丘店)
大阪市天王寺区夕陽丘3-30 朝日プラザ夕陽丘102
http://www.mugi-hana.jp/

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

怒涛のパン屋めぐり11件!(大阪編)

かなーり久しぶりのブログです。
その間も美味しいパンを探し求め、色々行ってきました!
関西はパンの消費量がとっても多い地域だそうで、
消費金額でいけば、全国1位が神戸市。続いて奈良市、大津市、京都市。
と1位から4位までを関西の都市が占めているんだって。大阪市も9位で、全国トップ10のうち5都市が関西。
なるほど、消費量の多いエリアだからパン屋も多いのねー。

ちゅうことで、先月6月3日に大阪在住の友人と大阪のパン屋めぐりをしてきました。
友人が会社の自転車を借りてくれて、大阪のパン屋をめざして街中をチャリンコで走って、走って、
終わってみれば、なんと11件制覇!

20060702_02_2


↑パインアメのお店の隣をパン屋を目指して駆け抜ける友人。
パインアメ好きだけど、こんな所にあったんやね。姫路の私は感激。
友人いわく、大阪では超有名とのこと。

大阪地下鉄谷間地線の四天王寺夕陽丘駅からスタートし、

1.パン工房麦の花
2.ブランジュリ タケウチ 
3.ブランジュリ タカギ
4.パンデュース
5.フール・ドゥ・アッシュ
6.PAUL
7.ブーランジュリー ルフィアージュ
8.リンデンバウム
9.ブーランジェリー イエナ 
10.ル・アイ
11.Leo Nice Bread 
おまけ★タルトメッセ

どう?なかなか名店ぞろいでしょー。
しかも、その日はめちゃ天気がよく、手には日焼け防止の手袋、
前かご、そしてハンドルにはパンをつめたショッピングバック・・・という大阪のおばちゃん的姿の
友人と私。かなり充実していたと思います。

これからお店を1個ずつブログで紹介していきますので、お楽しみに。
うまいもまずいも言いますよー!
コメントも受け付けますので、いかれた方どうぞよろしく。

| | コメント (0)
|

« 2006年4月 | トップページ | 2006年10月 »