« 2004年12月 | トップページ | 2005年3月 »

ジャぱんにはまる!

book-01.jpg

最近久しぶりにマンガ(コミック本)を買って読んでます。
それは、今話題のパンをテーマに扱った「焼きたて!!ジャぱん」。
みなさんは、もう読まれたでしょうか?

このマンガを知ったきっかけは、ここの掲示板に「ある漫画でパン作りにはまっています」とか「読んでから一度作ってみたいと思って」という書き込みから。何も知らない私は、その漫画が少年サンデー連載の「焼きたて!!ジャぱん」というマンガである事を教えてもらって、早速本屋に買いにいったんです。
TV東京系放送なので、関西といえども地方の私はTV大阪が映るわけでもなし・・・、これはマンガで読むしかない!!ってな訳。
でもねー、私結構いい年なのにさ、少年サンデーコミックのコーナーに行くのに結構抵抗あってね、内心どきどきだったわ。
でも10月からTV放送が始まって話題になってたせいか、本棚でなく下のよく見える段の上にずらっと並べてあって、すぐにお目当ての本を見つけることが出来たので、ラッキーだった。ほっ。

前おきはこのくらいにして、内容はというと、パン版のおいしんぼ みたいな感じかな~。主人公がパン職人だから、おいしんぼの新聞記者とはちょっと違うけど。
でもみんないってたけど、ほんと勉強になることが多い。
それにね、よく美味しすぎて天国にのぼる~!みたいなシーンが出てくるんだけどね、そんな美味しいパン私も一回食べてみたいわ。そりゃ毎日買うパンも美味しいよ。美味しいけど、美味しすぎて気を失う。ってどんなんだろう?
興味津々。

そんなこんなで、昨日は頑張ってオレンジピール入りプルマンを焼きました。
パンを焼かない人も思わずパンを焼きたくなる(らしい)「焼きたて!!ジャぱん」気になる方は読んで見て下さい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

おすすめの本とお店

book-01.jpg

先日、今年こそは天然酵母のパンを焼いてみたいと思って、お勧めされていた本を探しに本屋へ行ってお目当ての本を購入。「自家製酵母でパンを焼く」 相田百合子 著(農文協) という本で、家庭での天然酵母作りがカラーで丁寧に説明されているので、興味のある方は探してみてください。
その本には本当に身近にあるフルーツなどから簡単に酵母が起こせることが書いてあったので、また実践しながらこのブログで私の酵母づくりを紹介できたらなぁと思っています。
そういう訳で、まずは道具から入る私。
いつもは通販で材料一式を購入しているのだけど、最近パン教室のお仲間から教えていただいた製菓・パン材料の専門店に買いにでかけました。
そのお店は神戸にあるプロフーズというお店。早速リンクにも加えました。
いってみたいなぁという方、これまたおすすめです。
今回の購入目的は国産小麦とその天然酵母パンに入れるフルーツ達。
お店につくと、なかなかの充実具合!!こんな店が近くにある人達がほんとうにうらやましいなーー
通販で便利に買えるようになったけど、実際に目でみて、色んな材料や道具達が棚にびっしり並べられている中を歩きながら選ぶ。これってすごい幸せな気分になるよねぇ。
そんな感覚を久々に実感しました。
今回かったのは、国産小麦の「はるゆたかブレンド」とくるみ。オレンジピール。ライ麦。あと欲しかった道具もろもろ・・・。
今日は酵母の準備はしなかったのだけど、うれしい気分のりのりのまま、レーズン食パンと、クランベリーと胡桃の全粒粉のパンを焼きました。
そんなこんなでうれしい気分でこねる日々がまたスタートです。
今年も焼くぞー!

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

明けまして

DSCF0012.jpg

みなさま、あけましておめでとうございます。
今年もどうぞ宜しくお願い致します。

はー2005年。トリ年ですよ、トリ年。
今年はどんな年になるかなぁ。去年は天災でほんとうに大変な一年だったと思います。
今年はみんな幸せに羽ばたいていけたらいいなぁ。

今日は1月1日ということで、私のホームページの計画なんかを書いてみます。
といってもきままなページなので、予定だけに終わってしまうかも・・・なんだけども。
まず、1こめ
・読者の方の声をできる限り反映!
おいしいパンやお店の情報など。
2つめは、
・今までのレシピに温度や、材料の割合(べーカーズパーセント)なんかを追加。
以上です(笑)

このホームページを始めてから3年。
初心者の私の掲示板にも色々と質問をいただくようになりました。
ありがたい事ですが、知識のない私には満足いただける答えが出せているのかも心配なのです。
ということでみんなの情報交換みたいな場になればいいなと思っています。

正月は2日がパン初焼きになりそう。
おせちを食べつつ、おもちを食べつつも、またパンを捏ねる日々です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2004年12月 | トップページ | 2005年3月 »